こんなことでお悩みではありませんか

  • 時代に合わせて女性社員を管理職へ昇進させたが、本人も現場も混乱している状況だ
  • 長時間労働が慢性化している職場のため、女性管理職者も無理に残業しているのが現状だ
  • そもそも男性が多い会社のため、女性のキャリア開発計画が立てづらい
  • 会社として目指して欲しい女性管理職のロールモデルがいない
  • 「女性活躍推進は終了、次は働き方改革!」と上長は言うけれど、表面的な施策だけで会社の中身は何も変わっていない
  • 多様な人材のマネジメントに対応出来る中間管理職の育成方法が知りたい
  • 短期間どんな管理職でも成長し、会社の利益につながる施策のヒントが知りたい
  1. すべての企業に共通した打開策があります

  2. ↓しかるべき施策を打てば最短3ヶ月で効果が出ます↓

部下

たった6ヶ月で「あなたが上司でよかった」と言わしめたキセキの面談術を受け、すっかり心を開いていました(元部下)

同僚

1年で人事のイロハを見せてくれた。人を活かす最大ミッションを抱えた人事は、会社の根幹であることを実感した(元同僚)

なぜ、あなたの会社では女性活躍推進が必要なのか?


「なぜ、あなたの会社では女性活躍推進が必要なのでしょうか?」


このように問われた時、すぐに答えられる経営者・人事部長の方はどのくらいおられるでしょうか?

もし、この問いに明確に答えられないのであれば、それが貴社の女性活躍推進が上手くいっていない原因かもしれません。

平成28年4月に女性活躍推進法が施行されてから、多くの企業では、行動計画を策定し、設定した目標に向かって積極的に取り組みを進め、制度や環境を整備してきました。

にも関わらず、

「思うように女性管理職が育っていない」


という企業が数多く存在します。

というのも、日本の企業は男性視点で仕組み化されていますが、女性と男性とでは仕事に対する価値観が実は違います。上司にも部下にも信頼されチーム成果を上げる女性管理職を育てるためには、男性管理職の育成とは異なる「ある鉄則」が必要なのです。

私は10年間のNTTでの管理職経験により、この鉄則を見つけ出し、どんな企業でも成果が上がるメソッドとして体系化することに成功しました。 このメソッドを実行することによって、

  • 理想的なロールモデルの存在で管理職を目指す女性社員が続出
  • 一人ひとりの力で相乗効果を生み、残業0で生産性2倍アップ
  • 安心して成長できる環境作りで離職率50%ダウン

などの成果が出ています。

本セミナーは、

「会社の業績をアップさせる次世代女性管理職の育て方」
をお伝えする日本で唯一のセミナーです。

上司にも部下にも信頼されチーム成果を上げる女性管理職の育て方セミナー

受講者の声

本セミナーへご参加いただいた、経営者・人事部長・人材育成担当者の皆様からお寄せいただいたセミナー受講のご感想はこちらから。

メーカー企業 取締役 西川美穂様
自分自身の立場で何を求められているのかを判断したく参加いたしました。今後自分自身が会社のロールモデルになれるようにインプットしていきたいと思っています。
美容・エステ企業/執行役員 S.T様(40代男性)
女性が活躍する働き方について感覚で考えていたことが具体化できていないこと、その前に知っておくべきことのほとんどが無知だったと認識できてよかったです。
商社/管理部部長 M.T様(50代男性)
柔軟性と芯の強さが大切。弊社の例でいくと、柔軟性の部分が不足しているのかな?と感じた。弊社での事情に該当する部分について、まずは実践してみたい。
教育事業/執行役員・事業部長 Y.W様(50代男性)
目からウロコが落ちました。気づきも多くありました。わかりやすい講義をありがとうございます。リーダー甲本お女性に是非参加させたいと思います。
技術系企業/主任クラス・M.Cさん(40代女性)
そもそも、女性管理職育成以前に、会社としてどのように人材育成をして行くのか、その姿が示されていないことに気づいてしまいました。
西川美穂様
美容・エステ企業/執行役員 S.T様
商社/管理部部長 M.T様
教育事業/執行役員・事業部長 Y.W様
技術系企業/主任クラス・M.C様